代表挨拶・役員プロフィール

代表挨拶

ギフテッドのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。

ここでは、私の起業に至った経緯を通して、現在の人材教育の問題点と照らしあわせたギフテッドの想いをご説明できればと思います。

私はリクルートグループ内で新卒から11年間、地場に根づいた優良中小企業や多くの業界TOP企業の人事全般(採用~定着)に接してきました。

具体的には、求人広告・斡旋サービス販売、研修プログラムのパッケージ・カスタム販売、育成プログラム等の体制構築を営業・コンサルタントとして行って参りました。

企業の人材育成・教育は、ニーズがなくなることはありませんから、多くの企業・既存商品が存在しているのが現状です。

しかし、それらの既存商品のほとんどは高額かつ、
「一日のみのスポット研修スタイル」「知識のみをインプットするE-ラーニングスタイル」「大手企業向けコンサルタント常駐スタイル」

の3つとなり、これら既存サービスの問題点、
「研修/E-ラーニングで学んでも、その場限りで日々の業務にアウトプットできない。
しかしながら企業側としては教育をしなければならないので、結局その義務を果たすこと自体が目的となってしまっている」
ことを、常に違和感を感じていました。

実際、業界の傾向として考えても、研修などは、行った直後「学んだ感、やった感」に浸ることができ、クライアント側の満足度も高いのですが、中長期で従業員のアウトプットの質が上がることが難しいため、新卒などの新入社員研修などを除き、定期的なリピートを頂くことは容易ではなく、研修のもつ本来の意義が失われて形骸化しているのも散見されます。

そのような状況に対する歯痒さからこのギフテッドを立ち上げるに至りました。

ギフテッドのサービス領域は、人と組織に対するコンサルティングです。

具体的には、組織に眠る企業の魅力、ナレッジを引き出し、IT技術(アプリ)を併用した人材育成マニュアルの作成、これを、個人知を組織知にするべく共有・展開し、「全労働者の能力最大化」を目指すというもの。

ただ、やりたい世界は、単なるマニュアル化→業務効率化ではありません。

マニュアル化したナレッジの上だからこそ日々芽生える、小さくやわらかいナレッジ・可能性を社員の方と感じながら、PDCAを通して組織の成長、商材開発、営業戦略策定、ひいては社員様個々の人生の豊かさにつなげるお手伝いをする、ということをしていきたいと思っています。

「IT技術は、人の気持ちを頭で感じ、心に落とすコミュニケーションツールである。」

ギフテッドの教育プログラム、「EGG」の特長はアプリを使ったラーニングシステムです。

IT技術はもっともっと発展し、環境はさらに変化していくと思います。人の代わりにロボットが動き、考えてくれる世界に突入しています。IT技術を最大限活用することはとても重要です。

しかし心の中心には世界が人で成り立っている、世界の主役は人であるということを忘れず、人の可能性に賭けて人と人が笑いあえる世界を目指していきたいです。

また、ギフテッドという会社を通して、自分が出逢った人と誠心誠意、正直に向き合って「人としての人生の豊かさ、心の温かさ」を共有したいと考えています。

役員・講師プロフィール

杉田 恵美(すぎた えみ)Emi Sugita

杉田恵美

1981年、愛知県生まれ。2004年、リクルートグループ入社。

11年間、3万社にも及ぶ新規開拓、研修、人事戦略策定、採用活動体制構築提案、サーベイ等コンサルティング営業など様々な営業経験を積む。

営業職時代、全国1万店舗規模のクライアントへの採用インフラの構築を通して、「型化」の重要性、効率性に気づく。

これを自らのマネジメントスタイルにも活かし、多数の社内表彰を受ける組織作りに成功。

リクルートグループ全社トップガンアワード2010最優秀賞
リクルートグループHRベストプラクティス2006コンテスト最優秀賞
拠点四半期ギネス売上記録、社長賞受賞
他、社内表彰・受賞歴多数。