理念・ビジョン

「The world is made of people = 世界は人でできている。

ギフテッドの達成したいビジョンは以下の2つです。

徹底したダイバシティ経営で、世の中に眠る雇用の創出。

ギフテッドは、「週休3日の正社員、定時16時の正社員雇用、在宅勤務の正社員」等、従業員の生活スタイルに合わせた働き方の提供を自社自ら実践していきます。

子育てママ、シニア、外国人、介護従事者の方々が、効率的に時間を使って最大限パフォーマンスを発揮できる組織・待遇を準備します。

5年後の労働力マーケットにおいて4人に1人が45歳オーバーとなる見通しです。子供を育てながらできる、介護しながらできる雇用スタイルは必須と考えており、自社で実践し蓄積してきたダイバシティ経営のノウハウを社会に広めながら、国のさらなる経済発展に貢献していきたいと考えています。

雇用創出

機会化していく未来に向けた、人間の果たすべき役割の再定義および最大化

2030年、超高齢社会への突入・少子化の影響で、労働人口が減少の一途を辿ることが確実視されています。

ロボット技術の進歩が待望されており、ロボットが足りない労働力を担うことが、海外との競争力を高める有力な施策と位置づけられています。

しかし、PDCAを含む上流の仕事や、サービス業における接客・営業の職種など、まだまだビジネスを加速させるにあたり、人間ならではのIQ-EQ(応用力・感受性)が必要であると考えます。

人材教育を通して、人間しか担えない役割を明確に定義、最大化し、ロボットと人間の理想的な共存にギフテッドは寄与したいと考えております。

営業やPDCAを含む上流の仕事など人間にしか担えない役割。

人間教育を通して、人間しか担えない役割を明確に定義、最大化し、ロボットと人間の理想的な共存に寄与する。