こんにちは。

Gifted 杉田です。

 

ポケモンGoブームすごかったですね。

TVもネットも東京株式市場もポケモンGO一色でした。

 

街にポケモンが登場する

そんなわくわく感で世界がひとつになって沸いていて、

 

きっとこのアイディアを出した方、開発をされた方々も

とてもとても幸せな気分になったことでしょう。

 

やはり人の心が動くのって、

こういう、わくわく感 なのですね。

 

うちのサービスも

わくわく感がご提供できるよう、常に考え続けなくては(笑)

 

 

ところで、このポケモンGO。

拡張現実(AR)という技術を活用しており、

利用者が現実にいる場所とゲーム上の仮想空間で一部改変することによって、

更なる臨場感を出しています。

 

AR技術。

すでにご存じのように

テーマパークや観光分野などの分野において活用が進んでおりますが、

語学学習や学校教育においても一部活用が進んでいますね。

 

教科書をスマートフォンでかざすことでの発音チェックできたり、

現場体験型・屋内外をスマートフォンを持ちながら

ゲーム要素を加えて探索ができたり。

 

どれも高い学習効果が実証されているようです。

それもそのはず。

 

人も記憶のメカニズムでいくと、

ドイツの心理学者エビングハウスが言うように

「人は忘れる生き物」。

 

普通の情報は、1日で74%忘れてしまうようです(泣)

 

では、この残り26%の忘れない情報とは何か。

 

大きく答えは2つ。

①その人にとって、メモリアル(刺激的、感情が高ぶる等)な情報であること。

②何度も何度も目の前に繰り返し出てくる情報であること。

 

①は、弊社のまさに特許申請中のアイディア部分ですが、

(ちょっと営業・・・

お仕事の情報なんてなかなか覚えられない。

だからシステムで、経験範囲の網羅性高く、繰り返し徹底学習させる機能です。

学校教育では当たり前の掛け算九九をひたすら言うとか、漢字ドリル計算ドリルと何度も解く、あの世界です。

いろんな企業さまで教育効果、パフォーマンス向上を実証してます。ご興味ある方はぜひ弊社まで☆)

 

そして②がまさに前述のとおりAR技術を使ったゲーム型現場体験なのではないでしょうか。

ゲーム感覚でわくわくしながら学習できる、

楽しそう。。(笑)

 

いつも思うのですが、

企業の人材教育ってこういう技術が取り込まれるのが遅い。

学校教育じゃVR技術を使ったものまで活用され始めてるくらいなのにな。

 

ビジネスマナーロープレや

営業ロープレがAR技術を使ってできたら。。。

 

わくわくしちゃいます。

 

 

是非弊社がこだわっている「現場浸透、定着」という観点で行くと、

とても考えさせられ、勉強になるポケモンGOなのでした。

ポケモン  図4

※レベル9まで行きました(笑)

 

ご精読ありがとうございました。