Vol.5|研修助成金 対象となるOFF-JT、OJT訓練とは

日頃よりお世話になります。(株)Giftedです。

社員研修で活かせる「人材開発支援助成金」についての

お役立ち情報を全11回(月・木)の予定で配信しております。

今回はVol.5 対象となるOFF-JT、OJT訓練とは です。

====================

■対象となる「OFF-JT訓練」と「OJT訓練」 (Gifted要約済み)

OFF-JTだけ助成金対象となるものと

OFF-JT、OJT両方対象になるものがございます。

■対象となるOFF-JT訓練

a,bの2つの実施方法が対象になります。

a. 自社用にカスタマイズされたカリキュラムを実施する

 講師は、

  ・外部講師に依頼する

  ・自社従業員※が講師を行う から選べます。※決められた諸要件を満たす従業員

  ➡助成金の専門用語では事業内訓練と呼ばれています。

b. 社外の教育訓練機関のパッケージカリキュラムを受講する

 講師は、

  ・上記教育訓練機関に所属する講師が行うパターンのみ です。

  ➡助成金の専門用語では事業外訓練と呼ばれています。

ほとんどの研修が当てはまるのではないでしょうか。

もちろん諸々の要件がありますので、ざっくりとした認識でお考えください。

■対象となるOJT訓練

適格な指導者のもと訓練対象者が仕事現場で学んでいくOJT。

いろんな企業が実施しているのではないでしょうか?

助成金専用の日報※を提出いただくと、助成金の対象になるものもあります。

  例:入社2か月以内対象にした新入社員研修 

もちろん諸々の要件がありますので、ざっくりとした認識でお考えください。

※詳細は下記URLの該当ページ(P18)を参照ください。

※対象とならない訓練(P20、21)も併せてご確認下さい

≪ 参考元 ≫
厚生労働省HPより
https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000807259.pdf

終わりに

厚労省からの資料は、普段あまり聞くことのない言葉や表現が多く

内容を理解するまでに時間がかかることもしばしばです。

「ここはどういうことなの?」など弊社までお気軽にお声かけ下さい。

最後まで御覧頂きありがとうございました。
次回は、Vol.6  対象となる経費 をお送りします。

メルマガのバックナンバーはこちらから
↑↑GiftedのHP内のバックナンバーへのリンクです↑↑

※弊社では今年6月より社労士と提携し、助成金申請サービスをローンチしております。受給額の無料診断も行っておりますので、ご興味のある企業さまはお気軽にご連絡下さいませ。