ブログ

労働と仕事と活動と

accessimg-test

こんにちは!日々プロフェッショナルとして活動するGiftedのスタッフ、その活動や裏側にあるオフの姿をこっそりとアップする係を勝手に始めた高柳です。

 

Gifted-&-The-world-is-made-of-peoplew.

 

人は労働から解放され、活動することの価値に気付くことが大切だと思い始めた今日この頃。

皆さんの中で、人生を心から楽しんでいる方はどれくらいいるでしょうか?

 

なんで急にこんな事を言い出したのかと理由を問われますとですね、

たまたま何かでこんなものを見かけ、強烈に印象に残ったからなんです。

 

ハンナ・アーレントという政治哲学者の方の言葉を意訳していったものだと思うのですが、以下のように定義されていました。

 

1:活動(action)
自発的にやること。心からやりたくてやる純粋な行動。

 

2:仕事(work)
誇りをもってやること。

金銭など特定の目的があるから仕方なくやっていることではあるが、強制されている訳では無く、やる気は満ち溢れている。

 

3:労働(labor)

生きるためだけにやっていること。物事を機械的に処理していくイメージ。やらないで済むならできればやりたくないこと。苦役。

 

アーレントは、1>2>3の順に人間の行動としての質が高いものとし、出来る限り行動の質を高めていかねばならないとし、苦役としての労働は、仕事に変えていかねばならない、と言いました。

 

サラリーマンでいるうちは確かに2の仕事を目指す姿勢で良いのだと思います。しかし、経営者の方やグイグイと成長意欲の強い方々を見ていると、その姿は活動そのもの。

 

1と2の間には根本的な差があるんですね。

 

自分がどちら側になりたいか、それこそどれだけ自分の人生を自分事で楽しむか、ですね。

 

この記事が面白かったら
いいね!お願いします!

Twitter で

プロフィール

杉田 恵美(すぎた えみ)Emi Sugita

杉田恵美

1981年、愛知県生まれ。2004年、リクルートグループ入社。

11年間、3万社にも及ぶ新規開拓、研修、人事戦略策定、採用活動体制構築提案、サーベイ等コンサルティング営業など様々な営業経験を積む。

営業職時代、全国1万店舗規模のクライアントへの採用インフラの構築を通して、「型化」の重要性、効率性に気づく。

これを自らのマネジメントスタイルにも活かし、多数の社内表彰を受ける組織作りに成功。

リクルートグループ全社トップガンアワード2010最優秀賞 リクルートグループHRベストプラクティス2006コンテスト最優秀賞 拠点四半期ギネス売上記録、社長賞受賞 他、社内表彰・受賞歴多数。

資料ダウンロード・訪問相談

フォーム送信完了後、PDFファイルのダウンロード画面が表示されます。
是非ご一読下さいませ。

ご興味のある内容

ご提供いただく個人情報のお取り扱いに同意する
個人情報のお取り扱い方針についてはこちらを御覧ください。