Vol.1 |研修助成金 助成金活用の検討をお勧めする企業

日頃よりお世話になります。(株)Giftedです。

10月も後半になり来年度の計画を本格的に立て始める企業さまも多いかと存じます。

Giftedでは、社員研修で活かせる「人材開発支援助成金」について

全11回(月・木)でお役立ち情報を配信していく予定です。

今回はVol.1 助成金活用の検討をお勧めする企業 です。

それでは早速進めていきます。

■助成金受給は雇用保険を支払っている企業の権利

国の研修助成金の財源は雇用保険です。

つまり、多くの企業さまが助成金受給の権利を持っていると言っても

過言ではありません。

雇用保険に加入している全ての企業さまに

助成金活用のご検討をお勧めします。

■人事予算は社外から取りに行く(事例)

とある有名な企業の人事部は、「攻めの人事」とも呼ばれ

社員教育など人事予算は、社内での予算取りではなくほぼ助成金で賄っています。

助成金の仕組みを理解し活用することで、従業員教育を充実させ、

最終的には会社の業績にも結びついてくると考えています。

また、別の企業では、

「一度研修助成金を受給できれば、次回以降(書類などの準備にかかる)時間も

 短縮できるし、社内で予算を取りに行くより気持ちがラクだ」

との声も聞かれました。

終わりに

最後まで御覧頂きありがとうございました。

次回はVoL2.助成金が対象となる企業・ならない企業をお送りします。

お問い合わせページからお気軽にお声かけください

※弊社では今年6月より社労士と提携し、助成金申請サービスをローンチしております。受給額の無料診断も行っておりますので、ご興味のある企業さまはお気軽にご連絡下さいませ。