こんにちは!日々プロフェッショナルとして活動するGiftedのスタッフ、その活動や裏側にあるオフの姿をこっそりとアップする係を勝手に始めた高柳です。

 

最近たまにお笑いを見ることがあります。

面白くてリピートしてしまうものと、無表情のまま見終わるものと別れますが、

ふとあのネタ作りとか練習ってどうやっているのかなと気になりました。

 

不思議なものでそういうのが気になるとテレビで特集が組まれていたりするんですね。

 

欲しいと思うと、途端にその情報が目に入る。

人間の意識はとても良くできています。

 

その番組では東北出身の某お笑いコンビの様子を取材されていたのですが、

そこで知った彼らのプロ意識に「準備とはこういうものだ」と再認識させられました。

 

あるネタでパンを使うシーンがあり、

そこで彼らはメロンパンをチョイスしたのですが、、、

 

スクリーンショット 2018-03-23 17.40.43

・なぜ他のパンではなくメロンパンなのか

・どういう体(顔)の向きでどう食べれば面白いか

・どのようなアクションでそれを小道具として出すか

 

などすべてのアクションと道具に意味とストーリーを持たせていました。

 

これは講師として登壇するときと全く同じだと思う次第です。

彼らのネタ作りは私たちの研修作りと一緒だったんですね。

人前に立つとは、そういうことなんだなあ。

 

すべての行動、言動、道具に意味がある。

 

そんな共通点を見つけられた昼下がり。

さ、仕事しましょう。