サービス

【講師向け】
オンライン研修で
グループワークを最大活用する方法

目次

挨拶

Q1ブレイクアウトルームって?

Q2オンラインだろうと関係ない!

Q3オンラインは想定した時間で終わらない?!

Q4ちょっとしたコツ

まとめ

 

挨拶

明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします♪

沖田です。

2021年ですね!

中国武漢でコロナが発生してから1年です。

コロナウイルスの影響もありますが、世界的に社会が転換期を迎えた気がします。

オンラインミーティング、IT化、オンライン研修、zoom飲み会・・・

コロナが終わってもオンライン化は止まらないだろうなぁと思います!

 

だからこそ一人でも多くの講師の方が

より良いオンライン研修ができるように!」と思いこのブログを書きました!

100以上のオンライン研修のアシスタントをさせていただいた私目線から書かせていただきます。

是非最後までお楽しみください!

 

1ブレイクアウトルームって?

ブレイクアウトルームとはいわゆる「グループワーク」です。

各部屋に受講生を割り振り、チームディスカッションをしてもらいます。

 

2受講者への対応はオンラインでもオフラインと同じことを!

Closeup portrait of a handsome man at gym

グループワークに移るからといって、休憩時間ではないです!

各グループに移動して受講生の反応を見たり手助けをしてあげる必要があります。

これはオフラインでも同じですよね!

受講生もオンラインでのグループワークは活発化しないケースが多発します。

私自身、アシスタントをさせていただいてこのように感じました。

なので講師の方が状況を見てこまめに話に入ったりアドバイスをすることが大切です!

これは受講生の満足度に関わってきます。実際に受講アンケートに記載されていました。

(EX:講師の方がグループワークでたくさん話してくださった

オンラインでの受講生の実態についてはこちらのブログから

 

3オンラインでの研修は設定した時間より長くなる?!

Confident businessman speaking on the phone and looking on the wristwatch in cafe

オンラインでのグループワークはやはりオフラインより活発になれない傾向にあります。

「元々予定していた時間より30分長く研修をしてしまった!?!?」

慣れていないとこのようなことが起こりえます。

これは講師にとっては「時間外労働」、受講生にとっては「研修が長い」となってしまいます。

両者デメリットでしかないです。

なので最初から短めの時間設定をして受講生にストレス(緊張)を与えることが大切だと思います。

時間が決まっているのでそこまでにやり切ろうというマインドを持っていただいて、

最後の詰めのところで5分追加を設ける、など様々に対策を立てる必要があると考えます。

 

4ちょっとしたコツ

ブレイクアウトルームにてこずった経験はないでしょうか?

誰がAチームで、誰がCチームで・・・・

こんなことを一人の講師でやっていたらキリがありません!

そこで、ちょっとした知恵をご紹介します!

Beautiful young lady thinking with question marks overhead

講義が始まる前に名前設定にグループ名を表記してもらうことです。

例えば「A株式会社」としてもらいます。

スクリーンショット 2020-12-24 15.13.29

そうすることで画面のようにブレイクアウトルームへの部屋割りが断然楽になります。

(割り振り画面はアルファベット順なのでAチームはまとめて表記されます)

私がいつもアシスタントさせていただいている業務内容はこちらのブログから

 

まとめ

いかがでしたか!

オンライン研修をするとして、研修内容が高い水準なのに、

進め方や使い方であたふたしてしまうのはもったいなくないですか?

今後このようなことがまだまだたくさん起こると思います!

時間が長引いでしまう

グループワークの部屋割りが難しい

生徒の反応を見る暇がない

チャット機能のログが欲しい

受講生の意欲度がわからない

より受講生を惹きつけるオンライン研修と誰かと話し合いたい

などなど様々なことをアシストさせていただいています。

私たちも全力で研修講師の方々をサポートして参りますのでもしご興味ございましたら、

ご一報いただけると幸いです。

 

最後までありがとうございました。

<その他ブログ>

オンライン研修をするにあたって「受講生の実態と改善策」
オンライン研修をするにあたって「必要な器具について」
オンライン研修をするにあたって「講義準備について」
オンライン研修をするにあたって「アシスタントの仕事内容」

資料ダウンロードはこちらから

プロフィール

杉田 恵美(すぎた えみ)Emi Sugita

杉田恵美

1981年、愛知県生まれ。2004年、リクルートグループ入社。

11年間、3万社にも及ぶ新規開拓、研修、人事戦略策定、採用活動体制構築提案、サーベイ等コンサルティング営業など様々な営業経験を積む。

営業職時代、全国1万店舗規模のクライアントへの採用インフラの構築を通して、「型化」の重要性、効率性に気づく。

これを自らのマネジメントスタイルにも活かし、多数の社内表彰を受ける組織作りに成功。

リクルートグループ全社トップガンアワード2010最優秀賞 リクルートグループHRベストプラクティス2006コンテスト最優秀賞 拠点四半期ギネス売上記録、社長賞受賞 他、社内表彰・受賞歴多数。

資料ダウンロード・訪問相談

フォーム送信完了後、PDFファイルのダウンロード画面が表示されます。
是非ご一読下さいませ。

[contact-form-7 404 "Not Found"]